2017年11月17日金曜日

12/3 『2018年の私』の香り創り-匂い袋

師走を前に、空気もかなり冷えて
きましたね。まさに冬ですね・・・。
 
さて、12月3日(日)に来年の自分を
イメージして創る『2018年の私』の
香り創りをいたします。
 
2018年をどんな年にしていきたいか、
香りに託してみませんか?
 
お部屋で使ったり、寒い時期はコート
のポケットに入れて持ち歩いたり。
 
市販の物とは異なり、合成香料は
一切使用せず、1000年前と同じ
香原料だけで創る香りだからこそ、
除けやお守りとしても使えるのです。
 
 香りは、匂い袋タイプに仕上げ、
金襴の袋1つ、和紙袋2つでの
完成。

 師走の忙しくなる時期を前に、
日曜日の午後、自分と向き合って
来年の自分の香りを創ってみま
せんか?
 
一度に参加できる人数は3名様までと、
少人数での開催です。香りとともに、
ゆったりとした時間をお過ごしください。
 
皆様のご参加、心よりお待ちしております。
※参加ご希望、各種お問い合わせは、
問い合わせフォームよりお願いいたし
ます
 
『2018年の私』の香り創り-匂い袋 

日時:2017年12月3日(日)
    11時~13時/14時~16時 
※各回定員3名様まで
料金:6,000円/1名
場所:和の香りゆすらアトリエ香昴

※最寄駅は田園都市線溝の口駅
JR南武線武蔵溝の口より徒歩5分程

この日のご都合が難しい方は、別日
での開催も可能な場合がございます
ので、ご遠慮なくお問い合わせくだ
さいませ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
創る手順はこんな感じです。
掲載写真はいずれも
photo by kogen
 
まずは袋と紐を選びます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
香りのイメージを創ったら、個々の
イメージに合わせ、こちらで9割
創香します。
最後の1割はご自身のイメージと
すり合わせていきますので、他の
と同じ香りにはなりません。
 
よく混ぜることが大切です! 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分自身の香りを袋に入れていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
紐で結んで仕上げて完成

2017年11月14日火曜日

忘れてはいけない出国税@パラオ(4)

少し間が空いてしまいました。
普段のブログと比べたら、全然
空いてませんが(笑)。

観光は(3)で終わり。翌日と言う
のか、4:50amの飛行機で帰国の
途に就く訳ですが・・・。
ホテルを出るのが2:30am・・・。
このフライトスケジュールはもう
少しどうにかならないのかなとか
思ったり。

宿泊していたのはメインの通りから
すぐで、大きなスーパー2つとも
すぐ近くのGarden Palace Downtown。
とても便利で、スタッフの皆さん
よい方ばかりで、とても快適でした。

私が滞在したのはサイトの写真に
出ている部屋よりも下の部屋なの
で、窓からはジャングルチックな
緑と学校と思われる校舎裏。
子どもらの声とかチャイムが聞こ
えてきたりして、なんとも言えない
懐かしさも。

こちらのホテルは朝食を屋上の
テラスで頂くのですが、熱帯の
緑が目に写り、穏やかな空気が
心地よく。朝からゆったりとした
気持ちになり。日がなぼ~っと
してたいなぁと。唯一、焦って
過ごしたのは、体験ダイビング
の朝・・・(笑)。

私は繁華街のある中心地に宿泊
しましたが、高級リゾートホテル
とかだと海に面しているし、もっと
非日常でリラックスできるのかも
しれないなぁとか思います。ちょっと
した買い物には不便みたいですが。

初日からパラオの自然が育んで
きた共生=in harmonyに感動し、
その強さと美しさにただただ圧倒
された正味3日間。

どんなところにも自然が豊な所は
沢山あるとは思いますが、パラオは
私が過去に訪れた中では自然の
存在が最強な気がいたします。

自然が豊かなところと、強いところ
というのはちょっとなんか違うかな
と思うからです。パラオの自然は
自然本来が持つその強さを、戦争
などに巻きこまれたりしてますが、
太古の頃からそのままを持ち続け
ているような気がしたのです。

私にとってのパラオは、この自然
と各所に点在する戦跡から、今、
ここに生かされているということ
を改めて感じる場所でもありました。

ですが、観光がメイン産業とは
言って、出国の際にUS$50を払わ
なくてはいけないとは思いもせず
知らなかったので慌ててキープ。
現金でないとダメな上に、空港で
両替NGみたいで。おまけに、来年
にはUS$100になるらしく~。
まさかの倍!まじか~???
 
一瞬、頭をよぎったのは寄生
いう文字。とは言いつつ、自然
世界遺産の島です。維持していく
ためには必要でしょうし、闇雲
に観光客が増えてしまうのも困る
からなのかもしれませんね。

自然を破壊せずにできる産業が
栄えるといいですね。土地が枯れ
てるので、ハワイやフィジーの
ようにに白檀を育ててみればいい
のにとか思いますが、雨が多くて
ダメなのかなぁ
 
次に行くことがあればこれをと思う
ことがあるので、その時には、この
写真よりももっときれいに澄み渡る
青い空と青い海に会えますように