2017年9月8日金曜日

ふれるかおる1巻(白泉社)

なんだか今日は風があっても、少し
暑いですね。あんなに涼しかった
あの日はどこにいってしまったの
でしょうか?これが本来なのかも
しれませんが。



ふれるかおる1巻




















さて、私、マンガは好きなんですね。
昔の王道少女漫画の先生方の作品は
もちろんですが、マカロニほうれん荘
もこよなく愛しております。
少女漫画の作家さんの中では、
萩尾望都先生が一番かもしれません。
私の宗教観は百億の昼と千億の夜
によって生まれたと言っても過言
ではないかも・・・。
原作の方は読んでません・・・。
すみません・・・。

ここ最近、単行本が出ると買ってい
るのは、
●聖☆お兄さん
●へうげもの
●レベレーション
●ポーの一族

(この中でポーの一族だけはフラワーズの
連載が始まってから買ってます。
どうにも止まらないです。小6の時かな、
お楽しみ会でポーの一族をお芝居にした
位、好きでしたね~。
それ以上に百億の昼と千億の夜が好き。)

ですが、連載を読んでいたのはブログ
タイトルであり、写真アップしている
『ふれるかおる』(白泉社)。
調香師の九条くんと主人公である同級生
の甘楽の恋愛物ですが、ちょっと大人な
少女漫画(レディコミですが)ならでは
オトナきゅんに加え、職業的なあるある
に近いこととか。今後の展開がとても
楽しみ作品なのです!!

実は取材協力させて頂いております。
あ、マンガのような液体を使って
私は香りを創ってはおりません~。

上でアップしている写真は献本頂いた1巻。
ずっとネットでの配信でしたが、ともかく
とても人気の作品なので、単行本での1巻
発売となったそうです。すごいなぁ。

作家のSHIHOさんの絵はきれいかわいい系

なので、これからが楽しみな作家さん
もちろん、話の展開も楽しみ〜。

お醤油を使いすぎた翌朝起きた時の自分の

体から感じる醤油臭。これを感じた時、
異国の方々が日本到着で感じるお醤油の
匂いを理解出来た気がしました。その他、
体からの穀類の匂いとか、お酢を取り
過ぎた時の酸味とか、人間の匂いは食べ
てる物にも結構影響される訳です。
もちろん、香りの嗜好も同様に。

街中の匂いとかも、いいも悪いも、
かく世の中は匂いに溢れとりますな。

因みに、鼻は鍛えられますから、ご心配
なく!

あ、『ふれるかおる』はそんな街中の匂い
描いている訳ではありません。ご注意を!
オトナきゅんのマンガですからね~。
少女漫画の王道出版社の白泉社さんで、
絶賛連載中。
ご興味ある方は読んでみてくださいね~。

0 件のコメント:

コメントを投稿